2004年04月05日

信仰ガイド『キクバークッグァ』

キクバークッグァは恐るべき悪魔の神であり、 死の力についての知識を探求する者たちが仕えている。
信徒はアンデッドに関する特別な力を獲得し、特に寵愛された信徒は敵を殺すために力ある悪魔を呼び出すことができる。
キクバークッグァは生ける存在の殺戮を常に要求している。
しかし祭壇で捧げるのでない限りは、死体そのものには興味を示さない。

死の魔術の副作用からの保護

信徒としての称号が『助祭』以上であるとき、信仰値に応じた確率で死霊術の暴走効果から護られる。これはシフの保護とは作用が違い、呪文以外で発生した暴走効果をも防ぐ。

魔法書の下賜

信徒としての称号が『暗黒の領主』である時に祈りを上げると、下賜として魔法書が授けられることがある。
信徒に下賜される呪文書は死霊術の魔法書・死の魔法書・反生命の魔法書・ネクロノミコンの4種類で、貰える順番もこの通りである。この際、[r][m]での確認・獲得・下賜の履歴がある魔法書は飛ばされる。

魔法書の解読

信徒は『ネクロノミコン』を無条件で読むことができる。
キクバークッグァ信徒でない場合には、『ネクロノミコン』は呪文詠唱10と死霊術10の、スキルによる条件を満たしていなければ読むことができない。

授けられる能力

アンデッドの招集

配下のアンデッドモンスターをキャラクターの側まで転送する。

アンデッドの支配

敵対するアンデッドを永続的な奴隷にすることを試みる。

死神の招来

『切り裂きの悪魔』を召換する。

歓心

キクバークッグァの名に於いてのモンスターの殺害

「神の名に於いての」殺害とは、祈りを上げながらの殺害を指す。

奴隷による生命あるものの殺害

アンデッドの従者による殺害がこれに該当する。

祭壇への犠牲の奉納

キクバークッグァは死体以外の供物を一切受け取らない。

不興

信徒としての時間経過

懲罰

現役の信徒と棄教者とを問わずに懲罰を与える。
下記の懲罰のいずれかに加え、神との接触によって混乱あるいは減速が発生する場合がある。

死霊術の暴走効果

確率 (1 - ( (経験レベル - 8) / 経験レベル * 4 / 5 ) ) ※レベル8以下では100%
死霊術の暴走効果が発生する。

神からの刺客

確率 ( (経験レベル - 8) / 経験レベル * 4 / 5 ) ※レベル8以下では0%
処刑のために『切り裂きの悪魔』が送り込まれる。

備考

死霊術を学ぶ魔術師にとって有用な能力を授ける。また、下賜によって死霊術の魔法書を確実に入手することができる。
『アンデッドの招集』は鈍足なゾンビをまとめるのに役に立つ。また、『死の魔術の副作用からの保護』は上級ミイラの臨終の呪いをも防御する。『死神の招来』はやや微妙である。『切り裂きの悪魔』は終盤戦に於いては力不足の感が否めない。