2004年04月05日

信仰ガイド『ヴェフメット』

ヴェフメットは破壊的な魔法の力を司る神である。
信徒は秘術を駆使する能力を強化する様々な力を得る。
そして最も寵愛を受けた者は、ヴェフメットの蔵書に記された恐るべき呪文を利用する資格を与えられる。
ヴェフメットへの献身はあたう限りの虐殺と破壊とを引き起こすことをもって証明することができる。

ヴェフメットの名に於いての殺しによっての魔力回復

信徒としての称号が『修練者』以上の時に、祈りを上げながらモンスターを殺害することによってMPが回復することがある。回復発生の頻度は信仰値に応じて上昇する。

MP回復量 1d(モンスターHD / 2)
※モンスターHD(ヒットダイス)は、モンスターの基本的な能力を算出するために用いられる数値である。基本的に強いモンスターは高いHDを持つ。

しもべによる殺しによっての魔力回復

信徒としての称号が『修練者』以上の時に、非アンデッドの従者によるモンスターの殺害によってMPが回復することがある。回復発生の頻度は信仰値に応じて上昇する。
MP回復量 1d( 1d(モンスターHD) -1 )

妖術と召換の魔術への助力

信徒としての称号が『助祭』以上であり、かつ祈りを上げている状態で、妖術と召換の呪文の失敗率が1/2になる。
※呪文の成功チェックは 失敗率を (3d100)/3 と比較して判定するため、実際の成功確率が単純に半分になるわけではない。

召換された怪物からの護り

信徒としての称号が『司祭』以上であり、かつ祈りを上げている状態で、『結界の護符』と同じような作用をもたらす。これは召換されたモンスターからの直接攻撃を50%の確率で封じる。

魔法書の下賜

信徒としての称号が『破壊の王』である時に祈りを上げると、下賜として魔法書が授けられることがある。
下賜される呪文書は、妖術スキルが召換スキルより高い場合には妖術の魔法書・力の魔法書・殲滅の魔法書の3種類。召換スキルが妖術スキルより高い場合には招集の魔法書・召換の魔法書・悪魔術の魔法書の3種類。下賜される順番もこの通りである。この際、[r][m]での確認・獲得・下賜の履歴がある魔法書は飛ばされる。
また、妖術系統の魔法書を3冊とも下賜された後にはスキルに関わらず召換系統の3冊が順番に下賜される。反対に、召換系統を3冊とも下賜された場合には妖術の魔法書が下賜されていく。

魔法書の解読

信徒は『殲滅の魔法書』と『悪魔術の魔法書』を無条件で読むことができる。
ヴェフメット信徒でない場合には、『殲滅の魔法書』は呪文詠唱10と妖術10、『悪魔術の魔法書』は呪文詠唱10と召換術10の、スキルによる条件を満たしていなければ読むことができない。

授けられる能力

魔力の吸収

周囲の空間から魔力を吸収し、MPを回復する。
回復量 1d(祈祷スキル / 4 + 2)

歓心

ヴェフメットの名に於いてのモンスターの殺害

「神の名に於いての」殺害とは、祈りを上げながらの殺害を指す。

しもべと奴隷によるモンスターの殺害

非アンデッドとアンデッド両方の従者による殺害がこれに該当する。

不興

信徒としての時間経過

懲罰

現役の信徒と棄教者とを問わずに懲罰を与える。
下記の懲罰のいずれかに加え、神との接触によって混乱あるいは減速が発生する場合がある。

妖術の暴走効果

(確率1/2) 妖術の暴走効果が発生する。

召換術の暴走効果

(確率1/2) 召換術の暴走効果が発生する。

備考

魔法使いに最も優れた恩寵をもたらす神の一つで、妖術と召換の使い手に有用な力を授ける。信仰を続けるには継続的な殺戮が必要だが、死体の奉納を要求しないために食糧の問題も起こりにくく、信仰しやすい。
下賜の魔法書は『殲滅の魔法書』を筆頭にどれも有用な物だが、系統は妖術と召換の6冊のみである。習得する魔術系統によっては下賜を持て余すことがあるかもしれない。