2004年04月05日

信仰ガイド『怒れるトログ』

トログは怒りと暴力を司る古代の神である。
信徒はトログの名に於いて殺すことと、死体を奉納することを期待される。
そして見返りとして戦闘における能力と、時には褒美の品を得る。
トログは魔術師を憎んでいるため、信者は魔法の使用を禁止される。

加護

バーサークによる気絶からの保護

バーサークには解けた際に稀に気絶状態に陥る危険性があるのだが、トログの信徒は信仰値に応じて、気絶に陥る確率が減少していく。

武器の下賜

神からの好意が『神の第一の化身』である時に祈りを上げると、下賜として武器が授けられることがある。
与えられる武器は『獲得の巻物』で武器を願った場合に準じる。

授けられる能力

トログが授ける特殊能力は祈祷スキルとは無関係に高い効果を発揮する。発動によって祈祷スキルに経験値が分配されてしまうこともない。

バーサーク

狂戦士化をもたらす。

腕力強化

怪力の薬と同じような一時的な腕力強化を得る。
効果時間 (34 + 1d150) ターン ※80ターンを超える場合は80に切り下げ

加速

加速の薬と同じような一時的な加速を得る。
効果時間 (39 + 1d150) ターン ※80ターンを超える場合は80に切り下げ

歓心

トログの名に於いての生あるものの殺害

「神の名に於いての」殺害とは、祈りを上げながらの殺害を指す。

トログの名に於いての魔法の使い手の殺害

トログはこれをとりわけ喜ぶ。

トログの名に於いての犠牲の奉納

祈りを上げながらモンスターの死体を[D]解体することで、犠牲が奉納される。

祭壇への犠牲もしくは価値ある品の奉納

不興

あらゆる呪文の記憶
あらゆる呪文の行使

ただし、ロッドによる呪文の行使は咎とはならない。

信徒としての時間経過

懲罰

現役の信徒と棄教者とを問わずに懲罰を与える。
下記の懲罰のいずれかに加え、神との接触によって混乱あるいは減速が発生する場合がある。

神からの刺客

(確率1/2) 処刑のためにモンスターが送り込まれる。
洞窟トロル・鉄トロル・岩トロル・トロル・ミノタウロス・双頭のオーガ・オーガから、キャラクターのレベルに応じた数のモンスターが出現する。

肉体の腐敗

(確率1/18) 状態異常『腐敗』を惹き起こす。

腕力の減退

(確率1/9) 一時的に1d(腕力/5)ポイントの腕力の減退を惹き起こす。

気絶

(確率1/18) 2-7ターンの時間、気絶してしまう。

疲労困憊

(確率1/9) 疲労と減速が発生する。疲労状態ではバーサークすることができない。

燃え盛る怒り

(確率1/6) 炎の魔術の暴走効果が発生する。これは爆発などの危険な効果を含む。

備考

オカワルと双璧をなす戦いの神である。初心者向けと考えられることが多いが、バーサークは非常に強力な反面で時間切れによる隙が大きいために、使うタイミングの吟味がなかなか難しい。耐減速の護符を装備することでバーサークには隙がなくなり、非常に安定する。
オカワルに対するアドヴァンテージとして、トログが授ける特殊能力は祈祷スキルとは無関係に高い効果を発揮し、また発動した際に祈祷スキルに経験値が分配されないことが挙げられる。
Crawlはもともと魔法戦士の実現が困難になるようにデザインされているので、トログ信仰によるあらゆる呪文の使用禁止はそれほど大きなペナルティとは言えない。

トログからの下賜の内容は『獲得の巻物』で武器を願った場合に準じる。このため、武器の技能を複数は取らずに1つだけ伸ばしていくことが、望ましい系統の武器を引くための秘訣である。

狂戦士は最初からこの神に仕えている。