2004年04月05日

信仰ガイド『輝けるもの』

『輝けるもの』は力ある聖戦の神であり、悪との戦いに於いてジンと同盟関係にある。
信徒は天界の怒りを速やかに振り下ろす能力を与えられるが、 決して悪しき性質の魔術を使ってはならず、また名誉をもって戦わなくてはならない。
『輝けるもの』は邪悪なモンスターの撲滅と同様に、長期にわたる信仰の継続を高く評価する。

加護

絶対絶命時の護り

信徒としての称号が『修練者』以上の時、祈りの最中にとどめの一撃となる直接攻撃を受けた場合には、信仰値に応じた確率で攻撃から護られる。

経験値の保護

祈りの最中に負のエネルギーによる攻撃を受けた場合には、信仰値に応じた確率で経験値の減少から保護される。

授けられる能力

アンデッドの退散

アンデッドの退散を試みる。成功すればアンデッドを遁走させる。
また、発動と同時に神聖な霊気が展開される。この霊気はアンデッドからの攻撃を撥ねのける。
攻撃を撥ねのける確率はキャラクターの信仰値とアンデッドの魔法抵抗によって決定される。

打擲の一撃

神の怒りによる一撃を振り下ろす。
打擲は射線を遮るモンスターを無視して狙ったモンスターに直撃する。
この攻撃は必中でダメージが減衰されることもない。
ダメージ値 ( 1d8 + 1d(祈祷スキル * 2) - 2 )

アンデッドの解呪

アンデッド1体に大打撃を与える。
ダメージ値 3d( ( 20 + (祈祷スキル * 4.5) ) / 3 )
※ただし(祈祷スキル * 4.5)が75を超える場合、(祈祷スキル * 4.5)の結果は75に切り下げられる。

雷霆の矢

雷の矢を放つ。
ダメージ値 1d(祈祷スキル * 6)

デーヴァの召換

輝けるものの使徒を召換する。

歓心

『輝けるもの』の名に於いてのアンデッドとデーモンの殺戮

「神の名に於いての」殺害とは、祈りを上げながらの殺害を指す。

信徒としての時間経過

不興

死霊術への関与

以下の行動が、死霊術への関与として見咎められる。

  • 死霊術に含まれる呪文の詠唱。
  • 死霊の杖・掠奪の武器・吸血の武器・苦痛の武器を用いての戦闘。
  • 特定の★アーティファクト武器を用いての戦闘。
  • 影のランタンあるいは特定の★アーティファクト武器の装備。
  • 善の陣営の神々であるジン・輝けるもの・エリヴィロンの信徒が死霊術『死者の躯』を詠唱した場合、即座に宗派から破門される。
不浄な行い

以下の行動が、不浄な行いとして見咎められる。

  • 『おぞましきものの召換』・『インプの召換』・『デーモンの召換』・『小悪魔の群れ』・『上位デーモンの召換』の詠唱。ロッドによる該当呪文の使用も例外ではない。
  • ★アーティファクトによる『地獄の業火』の発動。
  • 識別済みの『拷問の巻物』の使用。
  • 悪魔の武器、即ち悪魔の刃・悪魔の鞭・悪魔の三叉戟を用いての戦闘。
  • 特定の★アーティファクト武器を用いての戦闘。
  • 特定の★アーティファクト武器の装備。
聖なる存在への攻撃と殺害

具体的には、天使とデーヴァへの攻撃と殺害が見咎められる。

友好的なモンスターへの攻撃
友好的なモンスターの死亡
モンスターへの不意討ち

眠っているモンスターや混乱しているモンスターへの不意討ちを行うことは咎となる。
ただし咎となるのは聖なる存在もしくは生命ある存在を不意討ちした場合であり、デーモン・アンデッド・無機物・植物を対象とした不意討ちは咎とはならない。
この咎を引き起こした場合に『輝けるもの』が懺悔を求める確率は1/5と例外的に低いが、信仰値は懺悔の要求が起こるか否かに関わらず減少する。

毒の使用(!)

武器・魔術を問わず、敵を毒に冒すことが咎となる。

懲罰

信仰による特殊能力が一時的に剥奪されることを除いては、現役の信者に対して懲罰を執行しない。『輝けるもの』は棄教した信徒が破滅の神々であるキクバークッグァ・マクレブ・イレデレンヌル・ヴェフメットのいずれかを信仰している場合にのみ懲罰を執行する。そうでない限りは懲罰を執行しない。
(この条件のため、長剣の使い手を育てたい場合には聖騎士で開始し、すみやかに棄教して他の宗派に転向することができる)
ただし、神との接触によって発生する混乱あるいは減速は、この条件に関わらず発生する。
邪教徒への懲罰は以下のどちらかがそれぞれ1/2の確率で執行される。

神からの刺客

(確率1/2)
処刑のためにデーヴァが送り込まれる。

神罰の一撃

(確率1/2)
回避不能かつ抵抗不能の一撃が振り下ろされる。
ただし、現在仕えている神を怒らせていないのなら、信仰値に応じた確率でこのダメージを逸らして貰えるかもしれない。
ダメージの大きさはキャラクターのレベルに応じて増加する。

備考

Crawlの神の中で、最も信徒に不寛容な神と言える。
賜る能力は決して弱くはないが、序盤では肝となる毒の使用が咎になることや、うっかり不意討ちが発動した際に不興を示す可能性があるなど、制限があまりに大きい。能力自体はジンよりも相手を選ばない属性の攻撃手段が充実している。

『輝けるもの』の信徒は仲間モンスターを死なせてしまうことが咎となるので、召換系の職業は向いていない。
聖騎士は最初からこの神に仕えている。